小学生の学習は中学校の勉強の基礎

小学生の学習があって中学校の勉強が成り立ちます。
そう考えると中学校の勉強の基礎は小学校での学習内容になります。

小学生で学ぶ学習範囲をしっかりと理解してこそ中学校での勉強が理解できるようになる部分もありますので、勉強についていけなかったり苦手な単元がある場合には小学校の教科書やノートを見直すことも大切な作業ですね。

特に数学に関しては小学校の算数ができている前提で勉強が進んでいきます。その為小学校の算数をちゃんと理解していないと苦手意識が出てしまいます。

これが数学がニガテ教科になりやすい一つの要因であると思います。

小学校の勉強を見直すことは決して恥ずかしいことではありません。
逆に基礎の確認をする必要な学びです。

勉強は積み重ねですので、分からない単元や教科は過去にさかのぼりしっかりと理解することで、今の学びに生きてきますし、授業や教科書をちゃんと理解できるようになるでしょう。

小学生の通信教育関連ページ