数学

中学生の数学は結構難しいものが多く、中には大人でも「?」と思ってしまう問題もあります。

数学は苦手意識を持っている子が多いでしょう。

道のりや速さの計算、単位の変換、密度の計算…。
とてもややこしいものがたくさんあります。

数学の勉強は、なんといっても「たくさん問題を解く」というのが重要です。

もちろんきちんと理解しなくてはなりません。

例えば自分でやってわからない問題があったとき、必ず解説を自分が理解できるまでじっくり読みます。

そして同じ種類の練習問題をまた解いて、というのを繰り返し行います。

数学は一体どれだけ問題を解いたかでテクニックが身に付きます。

問題を解けば解くほど理解が深まり、問題が解けることで数学の楽しさも味わえるでしょう。