問題集

中学生の問題集は何度も繰り返して使うことに意味があります。

多くの問題に取り組んでいった方が、理解が深まると考えている人も少なくありませんが、実際はそうではありません。

確かに取り組む問題の数が少ないよりは多い方が、本人は満足できるのかもしれません。

しかし、人間は忘れやすい生き物なので、多くの問題に取り組んだからといってそれら全ての問題を十分に理解しているとは言い難いのです。

問題集の最初の問題を時間を置いて再度、解いてみると意外と解けないのです。

問題を何度も繰り返し解くことによって、応用力や読解力が身についていくので、中学生なら一冊の問題集が終わったからといって新しいものを買うのではなく、もう一度最初からやり直すという学習法も十分に成果が見込めるということを知っておいて頂きたいと思います。