勉強法

中学生の勉強法で重要なのは、勉強する習慣をつけることと、理解をすることです。

昔から「習うより慣れろ」という言葉があるように、何度も繰り返し行うことで数学であれば計算力、国語であれば読解力が上がります。

人間の記憶というのはあいまいなもので、よっぽど印象に残るものでない限り、繰り返さないと1日のほとんどのことは忘れてしまうようにできています。

勉強の習慣をつけることで何度も繰り返し勉強をして記憶に深く留まらせるのです。

ただ、繰り返さなくても忘れにくくする方法があります。

それが理解することです。

わからないことや難しいことを理解すると納得できます。

そうすると忘れにくくなるのです。

なぜそうなったのか?ということを考え理解すると勉強の面白さも感じることが出来るでしょう。